子供の価値観は親の影響によって変わるもの!?

 

子供の価値観は親の影響によって変わるもの!?

 

子供の持つ価値観には、父親から受け取った価値観と母親から受け取った価値観もありますし、両親から受け取る価値観もあるでしょう。

 

よく「この子はお父さんの性格にそっくり」であるとか「お母さんと、することが同じ」だといったりしますが、これは取りも直さず価値観に影響を受けているということです。

 

 

特に小学生の頃までは、価値観に与える親の影響は大きいので、親の責任は重大だと言えます。

 

社会一般の常識であったり、自らの健康に対する認識であったりする価値観は、
その後の成長段階で大きな弊害を生んでしまいます。

 

 

しかし、親の価値観が子供に与える影響は年齢を重ねるに連れて薄れてきます。

 

 

自分自身が成長することで生活環境が広がり、価値観が変化するのです。
悪しき価値観を“反面教師”として自ら排除する能力も身につきます。