夫婦円満は子供の教育に良い?

 

夫婦円満は子供の教育に良い?

 

 

“子供は親の背中を見て育つ”と言われて来ましたし、確かに親の生き方は子供に影響を及ぼします。

 

 

夫婦仲の良し悪しで、子供の教育成果に影響を与えることは明らかです。

 

つまり、円満な夫婦関係のある家庭では、いつも穏やかな空気が流れていますから、
子供の話にも親の意見にも耳を傾ける相互の余裕があります。

 

 

逆に円満な夫婦関係がない家庭では、そんな余裕にも乏しく、子供は自分の意見すら押し殺して成長します。それは、情緒の欠乏を生みます。

 

 

子供たちにとっての望ましい教育環境は、穏やかな風が澱みなく流れる雰囲気の自由闊達な親子の営みです。
そこにこそ情緒の安定した人格は生まれるでしょう。
教育の中で精神的な安定は、教育の成果を十二分に増加させます。

 

そんな情緒豊かな子供に育てるためには、夫婦円満が必要不可欠な要素と言えるのではないでしょうか。